無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
ペリフェラルの素性について
なんか時計ばかりなので、DSPの話題を。
DSPには当然ながらいろいろなペリフェラルが付いていますが
これは大雑把に下記のように分類できます。
(1)昔から付いているもの
(2)最近付いたもの
(A)ほとんどのDSPについているもの
(B)特殊なもの
あたりまえな分類ですいません。
DMA、CPU(コア)、内部メモリは搭載が当然なので省きますと、
(1-A)としては
・McBSP
・McASP
・EMIF
・HPI(PCI)
・Timer
・GPIO
この辺のものはC6000だけでなくC5000などにもあって
とてもベーシックなものです。
(1-B)としては
・VCP,TCP
・UTOPIA
この辺ものは、C6000DSPがテレコム系のアプリに
よく使用されている関係で付いているものと言えます。
(McBSPのA-law(ロウ)/u(みゅー)-lawもそうですね。
これらは、音声帯域のフィルタです)
(2-A)としては
・DDR I/F
・EMAC/GEMAC
・VideoPort/VPSS(VPBE/VPFE)
(2-B)としては
・ARM9、Cortex-A8コア
・CAN
・PWM
・VLYNQ
・UART
・SPI
・I2C
※I2C、SPI、UARTの機能はMcBSPやMcASPの
レジスタの設定によって実現可能です。
UART、SPI、I2Cが付いていないDSPでも、McBSPや
McASPがあればI/Fすることができます。

ということで、特定の特殊なペリフェラルを使うのでなければ、
(1-A)、(2-A)あたりを押さえられれば新しいDSPが出てきても
動揺が少なくて済みます楽しい
この辺のペリフェラルはマニュアルも日本語化が進んでいますし。

マニュアルですが、TIのドキュメントはマニュアルも含めて大量にあります。
私も初めてTIDSPをはじめたときは面食らいました。
というかほとんど拒否反応に近いものでした。ショック
しかし、(1-A)などはデバイスが変わってもほとんど機能には変化はありませんので
この辺の日本語マニュアルを見るところから馴れてみてはいかがでしょうか?

TIのドキュメントには3種類ほどカテゴリがあります。

1つはデータシート、エラッタです。
これは、そのデバイス固有の情報です。データシートには
ピンの名前や番号、レジスタのアドレス、メモリマッピングや信号タイミング、
パッケージの寸法などはすべてこれに記載されています。
エラッタにはそのデバイスで見つかったエラー情報が書かれています。
使いたかった機能が実はそのレジビジョンでは使えなかったということがないように
しっかり確認することが必要です。
特にハードウェアの設計では、取り返しが付かないこと(たとえばピン処理を間違って
デバイスが正常に動作しない、しかもBGAパッケージで、ピンが基板上に出ていない
といった場合、手も足もでません。。。)になりかねませんので、常に最新のエラッタ
情報がないかどうか確認しましょう。

次にユーザーズガイドというSPRUというファイル名で始まるPDF群があります。
ユーザーズガイドは、ペリフェラルについてのマニュアルです。
McBSPならMcBSPとしてマニュアル化されています。
その文書内で、641x向け、67x向けと具合に、動作に違いがあるところ、
レジスタ内容に違いがあるところで書き分けられています。

最後はアプリケーションノートです。これはSPRAというファイル名で始まります。
これは
・その時期
・そのデバイスで
・実現できたこと
がレポート形式でまとめられています。
たとえばDSPとNECのマイコンを接続するといったかなり具体的な情報です。
場合によってはサンプルプログラムがあります。
当てはまる事例があればかなり有用です。
ただし、内容はあくまで、
・その時期
・そのデバイスで
・実現できたこと
なので、デバイスが変わったり、リビジョンがあがったりなどの要因で
現在にはそぐわない場合もあるので注意したほうが良いでしょう。

TIのDSPのドキュメントはこの3種類に分類されます。
日本語化してある文書は上記のSPRAやSPRUではなく、SCJなどのファイル名に
なっていたりするので注意してください。


| 了一 | ペリフェラル | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: