無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
シチズンのEBJ74-2822
JUGEMテーマ:日記・一般

時計が好きです。日本のメーカーももちろん好きです。
ご存知のように、日本のメーカーの時計は、ほとんど電波を受信して
時刻を自動補正するものが大勢を占めています。
しかし私は以下の理由で時刻自動補正の腕時計の検討をためらってしまいます。
1)時計自身の精度が軒並み月差オーダー。
2)操作が直感的にわからない。
3)自宅の電波置時計がときどきでたらめな時刻になる。

1)については10万円を超えるような時計でも、安いものでも同じ精度というのが理解できません。
電波で補正するから時計自身の精度は月差で良いという考え方と思いますが、カタログ的にラインナップを
眺めた時に機能スペックは同じなのに値差がどこで発生しているのかわからないため信頼性をどこに
置いてみれば良いのかわかりません。
2)については海外へ行ったときや、電波の受信状況のモニタリングといったことですが
単に食わず嫌いという話も。。。
3)これは個人的な経験です。しかし電波情報をとりこぼしたり(ありうるのかどうか知りませんが)
バッテリーが切れかけの状態での受信動作について不安を感じます。
電圧が一定の値以下では受信しないといった仕様になっていれば良いように思いますが。

というわけで、国産の時計を見る時は電波補正がついたものはあまり見ていません。
しかし、そうなるとあまり見るところがなくなってしまいます。
電池式のものは交換時期が読めないので好きではありません。

そこで見つけたのがこの時計です。
ソーラー蓄電式で、電波ではなく、さらに年差オーダーの精度です。
お値段もこの精度なのに安いです。セイコーのGSシリーズのクォーツと同じ精度を
シチズンではソーラー式で実現してしまっています。
自発電式の腕時計で、年差オーダーの精度を実現しているのはこのシリーズだけではないでしょうか。
私としては、現時点でもっとも実用性が高く、コストパフォーマンスの良い一品と思います。


| 了一 | 時計が好き | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: